ブログトップ

雲の果て

jyuzakumo.exblog.jp

個人的に興味があるゲームの紹介やプレイ感想など。あと落書き。@ジュザ

ロックマンXの魅力

久しぶりにロックマンXの話が出たので少し・・・
最初はSFC版ロックマンとして、面白いなー程度の感触だったけど、
そのうち続編や漫画の影響で徐々にその奥深いストーリーにハマりました。

当時漫画ではコミックボンボンなどに連載されていた岩本佳浩先生の作品や有賀ヒトシ先生の読みきり
などが面白くて読み漁っていました。
特に岩本先生の漫画はロックマンのロボットヒーロー的なイメージを覆すハードでシリアスな
タッチで、大人になった今でも読み返すととても面白くファンからも絶大な支持を受けてました。
有賀先生の読みきり漫画も無印の「ロックマン」とは違い、「ロックマンX」はどこかダークな雰囲気を
漂わせていました。

この時から何となく「大人のロックマン」なんだなぁと思ってたり。

時系列はまあはっきりとはしてないんですが、公式設定資料集やwikiなどの情報を集めると
ぼんやりと浮かんできます。

人型ロボット「エックス」は(「エックス」が正式名称。ロックマンという名前は称号みたいなもの)
はX1の世界から約100年前にトーマス・ライト博士により創られ、100年間ポイント0という
仮称の研究施設で眠っていた。
ここで出てくる「ライト博士」は家庭用ロボット「ロックマン」を作った人物と同一とされている。

100年後、科学者ドクターケインによりエックスが発掘される。
ケイン博士はエックスを解析、そのデータを元にレプリロイドという自立型ロボットを
開発し、一躍時の人となる。
エックス発見当時、「ロックマン」の世界に居たようなロボットは居なかった。100年の間に
ロボットの製造を禁止する法律でも出たのだろうか?

徐々にレプリロイドが増えて、人間社会に溶け込むようになってきたところで
ゲームX1のところ。

「エックスは無限の可能性と危険を秘めた最初のレプリロイド」と言われているが
ケイン博士でもエックスのブラックボックスは解析できず、他のレプリロイドには無い
謎の部分を持つ。
それはライト博士が人間とロボットが共存する未来を創る為にエックスに託した
願い・・・と言う事らしい。

ちなみにエックスのライバルであり親友のゼロは、アルバート・W・ワイリーの
遺作と言う事らしい。
ゲーム中にもそれをほのめかすメッセージなどが出ており、X5ではほぼ
ワイリーナンバーズだという事が明らかになる。

最大のライバル=ライト博士の造ったエックスを倒す事を目的に開発されたらしく
X4でゼロの過去のムービーが流れるが、ヒーローとは程遠いイレギュラーのような
凶暴なレプリロイドだった。
その時シグマが取り押さえた事で凶暴化は抑えられた。

もともとゼロには「ロボット破壊プログラム」というウイルスが仕込まれており、
それに触れたシグマはイレギュラー化してしまい、自らのDNAデータとの混合により
シグマウイルスなどが発生した。

X5では大量のシグマウィルスを取り込んでしまったため、覚醒化して
エックスと戦う。
正気を取り戻すがシグマにエックスもろとも破壊され一度死ぬ事になる。
X4~5はエックスよりゼロに視点を当てた作品だといえる。

その後は何者かの手によって復活をとげ、ロボット破壊プログラムによる衝動も
抑えられつつある。でも危険なことには変わらないため、
自分を封印して眠りに付かすのが一番だと考えている→ロックマンゼロに続く


~ここから推測
X5で大破したゼロを修復したのはワイリーだという線が考えられるがワイリーやライト博士は
すでに故人である。

ただ、ライト博士は自らの人格をプログラム化しネットワークの中で生きているらしい。
エックスにパワーアップパーツを授ける時に出てくるホログラムはそれの事だと考えると
納得がいく。(あの青いのは幽霊じゃないYOw)

現に同じくX5で大破したエックスを修復したのはライト博士本人で、
(エックスの体には謎の部分が多い為、修理できる人間やレプリロイドが居ない。
簡単なメンテナンスくらいは出来る。作中の台詞より)
恐らく適当なレプリロイドかメカニロイドをハッキングしたかで物理的に修理したのではないか。
そしてワイリーも人格がコンピュータの中で生きていて、ゼロを修復したのではないかと思う。
S2のサーゲスやX6のアイザックなどはワイリーにハッキング若しくは製造された
自分のコピーで、たまに世の中に出てゼロを見守ってるとかじゃないかと思う。
(実際アイザックの声優が「ロックマン」のワイリー役と同じ青野武さん)
まあ、妄想の域を出ませんが・・・wでもライト博士の設定は公式のものです。



最近では「アクセル」という新キャラクターも出てきて、次世代型レプリロイドや宇宙進出なる
キーワードも出てきてより世界観が広くなってきたが、ゲームはX8からしばらく動きが
無い為、その後物語が完結するかは謎。
ちなみにロックマンDASHというシリーズがあるが、これは自分的にはエックスの世界の
数年後のパラレルだと解釈してる。(攻略本にそれらしき設定集があった)

PSPでリメイクされた1作目、「イレギュラーハンターX」ではOPアニメの力の入りよう
からまだエックスシリーズは捨てられてはないと思いたいw
あ、ちなみにリメイク作品という事でBGMも全てリメイクされてます。
まあちょっと微妙に(特にステセレ1が・・・オワタw)なったところもありますが
ストーム・イーグリードやバーニン・ナウマンダー、ステセレ2、シグマパレス入り口のBGMは
なかなか良くなっているためオススメ!


PSP版オリジナルアニメ「THE DAY OF Σ」シグマの反乱が起きる直前のエピソードを
オリジナルアニメ化した作品。
一度は見て欲しいこのクオリティ。XがOVA化されたらマジで観たい!てか買う!w

余談だがエックス=櫻井さん、ゼロ=置鮎さんの声優コンビがイイ。
主に某BLアニメ的な意味で。
[PR]
by jyuza-rokusei | 2010-01-24 22:34 | 日記 | Comments(4)
Commented by へろ兄さん at 2010-01-26 22:24 x
分かりやすい解説有難うございます。
凄く理解した!
そして最後に噴いたw
置鮎=バーニィと思ってるので、ゼロ攻めエックス受けということですねわかります。

ウチも何かサンダーフォースについて語りたくなってきたのぜ。
まとまるようなら後で記事にしてみます。
Commented by jyuza-rokusei at 2010-01-27 22:54
アニメーションは見ていただけましたかな?
分かりづらい文で申し訳ないのですが、
とにかくたかがロックマンと侮る無かれ、と言う事ですなw

こういうコアな?ゲームの物語や設定を知ったり調べたりするのは
結構面白いので是非紹介してください。
Commented by far_gaia at 2010-01-28 23:15
もともとゼロを主人公にしたかったけど、企画通らないだろうとXを添えた、でしたっけね。w
だからX4の主人公奪取?やZEROも納得してます。
ゲームセンター『CX』で課長が稲船さんにインタビューしてるので、見てないならば是非。

しかしX4だったと思うんですが、岩本先生版だとエックスが精神的に壊れるんですよね。
『イレギュラーは倒さなくちゃ』と、涙を流し笑いながらアルティメットアーマーで暴力的に倒す。
そんな記憶があります。あれは読んでて心がモヤモヤしてたなぁ。
Commented by jyuza-rokusei at 2010-01-29 12:07
>アムさん
ほほう、そうなんだ。ゼロ主人公っぽくなってるのはX4と5ですね。
X5で決着は付いた・・・と考えてますが、肝心のゲーム自体が
開発の事情もあって薄っぺらなのがねw

岩本先生のXは心理描写がパネぇっす。
エックスが精神病みたいになったのはX4でしたねw
初代のラストバトルシーンも圧倒的なシグマがすごかったなぁ