ブログトップ

雲の果て

jyuzakumo.exblog.jp

個人的に興味があるゲームの紹介やプレイ感想など。あと落書き。@ジュザ

ボダラン2面白す

ボーダーランズ2というFPSRPGをプレイしてますが、
思ったよりも楽しいゲームですねこれは。

まず世界観が荒廃的な雰囲気で、北斗の拳の世紀末世界が一番近いです。
敵もモヒカン雑魚みたいな奴らが多くて、断末魔もかなり笑えます。
「我が生涯に悔いなし」って死ぬ雑魚もいましたwオイオイ、公式意識しすぎ。
リアリティすぎる訳ではなく、ちょっとコメディも入った洋ゲーデザインならではの
良いところもあります。
悪党どもから金品を巻き上げるのは正義で生き抜くために敵からガンガン物品を
奪いましょうっていうスタイルですが、
正直このゲームあまりお金に困ることがないのですが飽くまでもトレジャーの一環として
悪党の住処を荒らしまわったりロールプレイ的な意味ではすごく楽しいです。
あと、NPCの台詞回しも笑える。アメリカンコメディーで良く耳にするジョークの効いた台詞回しとか
最近変な台詞ばっかのゲームやってたのでいちいち面白くて仕方がないですw

システムはオンゲーのRPGのような感じで
基本レベル+スキルツリー制でキャラクターが成長します。
スキルは結構ユニークなのが多くて、育て方次第では戦い方が全く変わる上に
それがキャラ(クラス)ごとなのでやりこもうと思えばかなりハマると思います。
明確なステータスは武器依存で、与え・被りダメージにレベル差が影響するものだと思いますが
正直細かいことはエイムの腕次第なので気にならないかと。

装備品は武器とシールド、グレネードと特殊なアクセサリー・クラスごとの付加効果などで
ドロップは敵や宝箱などから入手します。
それ以外にも意外なところ・・・便器やポストなどのオブジェからも手に入ります。
便器から銃が飛び出した時にはびっくりしましたw
ドラクエで言うと民家のタンスをこれみよがしに荒らしまわったりする快感と一緒ですね。

PSOのような武器にランダムで特殊な能力や付加価値が付いていたりするので
武器探しを始めたらキリがありません。
そこはハクスラの醍醐味なので、好きな人にはたまらないシステムだと思いますが。
このゲーム特殊能力の種類が曖昧なんじゃなくて、たまに明らかにずば抜けたやつとか
あるので、武器探しはかなり楽しい部類です。
弾が三連発発射されるロケットランチャーとかエイムアシストのあるライフルとか
数値部類だけじゃなくて、直接戦略に影響するものもある。
あと、銃の見た目もグリップや銃身などパーツごとに違うので毎回ほぼ見た目が違う銃が
出てきて飽きません。たまにナイフが取り付けられていて近接攻撃にボーナスがつく等
細かい所も調整が素晴らしいです。

スキルの組み合わせで特定の武器の残弾数をあげたり、反動を抑えたりと
FPSならではのアクションに対応したスキルがあるのが今までなかったパターンで、
とても面白いです。外人なんだろうけどこのゲーム考えた人はすごいな。
クエスト関係はお使いからストーリー本筋まで色々。これはまあ良くあるパターンですが
マップの移動がファストトラベル式(ワープ機能)があってストレスが溜まらない仕様なのも
気が利いてますね。クエストイベントを選択すると目的地にアイコンが出るので、
話を聞いてなくてもとりあえず目印のところ目指せばいいというのも
RPG初心者にも優しい設計です。

ソロでも難易度的にはそんなに問題ないし、死んでもペナルティが重くないので
詰まることも無いです。
ただ、マルチだと人数が増えるごとに敵もタフになります。これはFPSゲーの基本仕様みたいなもの
なので仕方がないですが、変わりにドロップが良くなり装備を整えやすくなります。
レアも出やすいみたいなので、オンラインでプレイするのも楽しいはず。
ドロップは取り合いになるので、なるべく意思疎通できる方とプレイするのが良いかと。
アイテムの分け合いはもちろんできますし、クラスごとの得意武器や専用装備などを拾ったら
分けたほうが断然良いです。

弾丸のドロップ補充は2からチーム全体になったみたいですが、まだマルチプレイしたことないので
分かりません。一度挑戦したいとは思ってるんですけどね。
このゲーム当然シューターな訳ですから、弾薬の制限はあります。
そこらじゅうに弾薬が落ちてるので、探しながら進むというのもサバイバルゲームみたいで楽しいですね。たまに便器の中に落ちてたりしますが。

もしこの世界観に抵抗がないならかなりおすすめの部類のゲームです。
ただバグが多いらしく、フリーズなど致命的なバグも発生する可能性があるのでバックアップはこまめに取った方がいいらしいです。
今現在もDLC、システムともにアップデートが続いているのでバグが発生しても諦めることはないかと。おすすめは日本語版ですね。雑魚の捨て台詞がかなり笑えるw
ゴア表現はOFFにもできるのでグロが苦手な人でも大丈夫だと思います。
[PR]
by jyuza-rokusei | 2013-04-26 15:28 | 日記 | Comments(0)