ブログトップ

雲の果て

jyuzakumo.exblog.jp

個人的に興味があるゲームの紹介やプレイ感想など。あと落書き。@ジュザ

カテゴリ:日記( 476 )

兼ねてから画像の倉庫である当ブログを掘り起こす時が来たようだな!!
まあ今後趣味の実験室としての機能くらいは果たすかもしれません。

とりあえずSS加工の手引きを…
と思ったけど、気が乗ったときにまた。

とりあえずPo2IのSSでも載せますかな?
c0166797_08687.jpg

c0166797_09320.jpg

c0166797_093467.jpg

c0166797_010039.jpg

c0166797_0104837.jpg

ラストのマキシマムアタックだっけ?何気にラピ子居たんだな。
なつかしいですなあ。ヤオロズとかまた出ないかな。
c0166797_0121917.jpg

オチはやっぱりフンドシで。
[PR]
by jyuza-rokusei | 2015-10-03 00:12 | 日記 | Comments(0)
久しぶりにブログでも更新してみる。

最近PS3で「テラリア」というゲームにハマってる。どういうゲームかは過去の記事に書いたので
省略します。

本当最近外国のインディーズゲームは確実に勢力伸ばしてきてますね。
だって下手なメーカー産のゲームよりよっぽど面白いもの。ただ、センスが独特なので
どういうゲームかよく調べてからDLした方が良いかも知れません。

テラリアはクセの無い2Dアクションで、冒険や建築が出来るという
自由度の高いゲームです。
やや古い感じのドット絵なので、最近のムービーゲーに目の肥えた自分には世界に入り込めるか
気になりましたが、やはり2D時代のFFを鬼のようにプレイした世代ですので、
違和感無くむしろ親しみやすいですね。
2Dドットもまだまだいける。ちなみに光源処理が凝っていて、思ったより古臭い感じがしないんですよね。
なんか不思議な感じなんですが。

とりあえず拠点作りから始めるのは、某クラフトと似たようなイメージになりますがw
向こうは楽しいゲームをどんどん世に送り出そうとする意気込みがつよく、日本にくらべて
パクリパクリ五月蝿くないようです。日本人はこういうところ五月蝿いからね。

あと、このゲームマルチは出来るんですが
個人的に野良マルチは止めた方がいいと思います。
ある条件を除いて、アイテムの奪取や建築物・地形の破壊はプレイヤーそれぞれが自由で
意図的に迷惑を掛ける人も少なからず居るそうです。
一応フレンド登録しないとプレイできないのですが、わざわざ棄てアカまで取って
迷惑行為を楽しむという奇特な方もいらっしゃるようなので、極力お互いが知れた身同士で
プレイするのが無難かと思います。

でも、マルチプレイで一緒に建築したり協力して探索、アイテム集めなどは
楽しいと思います。自分も機会があればやってみたいですが、相手が居ない事にはどうしようもないw



・・・とりあえず最初のプレイは試行錯誤で順調にプレイできました。
宝箱に有効なアイテムが入っている事が多いので、宝箱を見つけた時のワクワク感が半端ないです。
トレジャー系のゲームが好きな方なら分かってもらえると思いますw

そして鉱石の採取による装備の強化。
ワールドにランダムに散らばった鉱石を掘って、自力で装備を作っていきます。
ここはRPGらしい楽しさの原点ともいえるところ。やはり自分の足で探索して自分で装備を強化するのって
楽しいよね。なお通貨が存在していて、商人から足りないアイテムを購入する事もできます。



最終的には地下の最下層までたどり着き、ボスを倒すのが目的です。
そのボスを倒すと、ハードモードに突入しワールド全体の環境と敵が強化されます。いわゆる2週目、裏ステージにあたるところです。

ハードモードからも新しい鉱石が出現し、新しい装備がつくれるようになりまだまだ冒険させてくれます。
ここからは隠しボスというものが用意されており、それらを打破するのが新たな目標になります。

そして自分はやっと隠しボスの1体目、デストロイヤーを倒した所。
隠しボスは最強アイテムを作るための素材をドロップするので、何度も倒さなくてはならず結構シンドイw
しかしデストロイヤーからいただいた、ちからのソウルで「でんせつのエクスカリバー」を作ったので
ここからは楽させてもらいたい所。(でんせつの~というのはOPのひとつで結構いいほう)
まあOPは金さえあれば簡単に付け替えることは出来ますがw

でもボスは大抵遠距離攻撃が有効なんですよね。
ボウガンとメガシャークという銃があれば大抵いけます。魔法は試した事無いんですが
ブースト使えば強いのかもしれない。

剣もいいけど、個人的には槍のほうが多段ヒットする事があるので好み。次はグングニルを
作りたいと思います。

ところでPC版(本家)では10/1からバージョンアップするみたいですね。
PVみるとダンジョンやボス、アイテムが増えて新しいテラリアになっているみたいです。
ちなみに同じ製作チームで、「スターバウンド」というテラリアのSF版みたいなゲームも開発中だそうです。
自分もテラリアのPC版買ってみようかと考え中です。
もしPC版買ったらSSとかも上げて行きたいな。
[PR]
by jyuza-rokusei | 2013-09-21 15:37 | 日記 | Comments(0)
ツイッターでもボチボチつぶやいてますが、
とりあえず全部は終わってないんですが、一通り最後のミッションまでやってきたので感想。

ガンプラゲーなのに肝心のガンプラの種類が大したことない。
これが一番期待はずれでした。
各作品の主役機およびライバル機も収録されてないのが多い。
特にZZをはぶるなんてもってのほか。ガンダムおよびガンプラファンからしたら
代表作の主役機すら入ってないのは論外すぎる。

分かってたけどココまでDLCおよび課金に最初から力入れすぎてるとは。
ガンダムのゲームは権利上バンナムしか作れないんだから、いい加減まともに
楽しめる面白いゲームを作る姿勢を見せて欲しいと思う。
じゃないと将来ガンダム=搾取対象みたいに金以外価値の無いコンテンツに思われるかも知れない。
それは今までガンダムが純粋に好きでファンになった人への冒涜にしかならないんじゃないか?

そしてゲームバランスについてですが、
後半ミッションの投げやりっぷりがマジで酷いです。
シングルだと数の暴力で即死ゲー。敵単機での火力が異常。
しかも復活不可能。一瞬でやられて一瞬で終わります。
そのため高難易度をクリアするためのパーツ集めすらできない。
というか、いくら機体を強化しても敵の火力が別次元みたいになってるので
RPG的攻略方法が通じないです。ちなみにNPCの味方僚機はクソの役にも立ちません。デコイさせても速攻で死んでる。
これネットつなげない人は詰みになるんじゃね?

逆にマルチだとタコ殴りゲー。
後半だとシングルとマルチにほとんど敵の強さに差が感じられなく、
手数の多さでタコ殴りにするだけのゲームと化している。
復活不可能のミッションでも2人以上いれば即ゲームオーバーにはならないので
2人くらいが丁度いいのかもしれない。
統括するとゲームバランスは前半(HG)は丁度良い位ですが、後半(MG)は敵も味方もインフレが
激しすぎるのであまり良いとは言えません。

良いところは強いパーツを集める楽しさと、パーツが手に入って無双してる時。
各武器に一つだけやたら飛びぬけた性能のやつがあるので、それが手に入れば
楽しいです。
ただし、ドロップ率がオンゲ並みなので慣れてない人は途中で諦めざるを得ません。
普段あまりゲームしない人はHGパートだけで満足できると思いますが、8000円払って
半分だけ遊んで満足かというと人にもよると思いますが、ちょっともったいないと思います。

全体の感想としては、作品の方向性は良いのでもうちょっとボリュームとバランス・システムの
練り直しが必要ということで、次回作に期待というところでしょうか。
個人的にですが、
面白いゲームにならちゃんと対価は払うし、満足できる内容のDLCなら普通に買いますが
肝心なところが抜けてるとそれらも無駄にしか思えない。
特にガンダムやガンプラを知らないし興味の無い人がやると速攻で飽きて金の無駄になりかねないかと。
それでもガンプラが好きだし、機体の改造とかオリジナルのMSを造ってみたいと思う人は
買いだと思います。
[PR]
by jyuza-rokusei | 2013-07-02 18:29 | 日記 | Comments(2)
というわけでツイッター始めてみました。
一応ブログとリンクさせましたが、更新頻度の低いブログがますます低くなりそうな予感。

まあ長文の投稿とか個人的な要項とかはブログに書くとして、
画像の保管庫なんかにも使えそうなので一応続けますが。

ツイッターのほうはまだ機能を全部把握してないので、とりあえず出来るところから
始めてるところです。
ブログコメの返信もちゃんとやりますので、今後ともよろしくお願いします。

ついでに
c0166797_1954687.jpg
久しぶりに描いたASH君です。何故か描いてる途中男の娘的な想像しか出来なかったので、ちょっとアレな感じです。
[PR]
by jyuza-rokusei | 2013-06-24 19:02 | 日記 | Comments(0)
タイトルどおりなんですが、最近「テラリア」と言うゲームに注目しています。

テラリアってどんなゲーム?→公式サイト http://www.spike-chunsoft.co.jp/terraria/

言ってしまえば「マインクラフト」の2D版です。
「マインクラフト」の製作者であるNotch氏も認めるくらい、それとほぼ同じ内容だと考えて
いいでしょう。

最大の違いは2Dであると言うことと、ゲームコンセプトが微妙に違うと言うこと。
「テラリア」では、建造物の創造などよりも冒険に重きを置いており、
主にダンジョンや宝物を求めて地下に潜ることを目的としたゲームです。

ゆえにRPG要素が濃く、敵の種類やアイテム類の種類が多いこともあり、
マインクラフトとは一線を画すゲームになっています。

とはいってもやはり似たもの同士ですがw

少し体験版をプレイしてみたのですが、
これはこれでマインクラフトとは違った楽しさがあります。
マインクラフトでは殆ど探索で得られる物と言えばダイヤ鉱石などに限られてしまいますが、
テラリアでは様々な素材や武器なども隠されているらしく、
宝箱を発見した時の喜びが違います。

反面クラフト要素はシンプルかつあっさりしているため、ものづくりにこだわりがある人は
あまり嵌れないでしょう。
ただし、そういうのがオマケ程度に楽しめれば・・・と言う人にはぴったりです。

それともう一つ、このゲームには産業と言う概念が無いです。
マイクラでは農業や工業MODなどの導入で、生産を楽しむことが出来ますが、
テラリアでは食料の概念自体無いため、それらが必要ありません。
生産といっても素材を加工したり、建築物の素材をクラフトできたりはします。
植林、農作物や牧畜などが出来ないということです。

まあ、マイクラでもそれらの要素は
需要=自分だけのボッチプレイヤーには何の必要性も無いただの自己満足
なんですけどね・・・。
要はその工程が楽しい&設定厨のロマンと言うことでw
ロマンがなければこの世のゲームは全部意味の無いものですからn
↑MOD次第ではボッチでも需要を満たすための意味のある要素ですからあしからず。

キャラクターは2D時代のFFを髣髴とさせるクリエイトで、結構色々できます。
友達と遊ぶのも、マイクラよりも楽しいんじゃないかなと思います。

アクション性もなかなか良いです。
高度な操作は要求されない待ったり系2Dアクションなので、マリオブラザーズくらいプレイできれば
誰でもできそうなのが間口が広くていい感じです。
特殊なアクセサリーを装備すると2段ジャンプやアクションが増えるなど、拡張要素もあるので
簡単に飽きさせません。
でも噂によれば「悪魔城ドラキュラ」くらい凶悪な難易度のダンジョンもあるそうです。
案外やりこみ要素も多いみたいですね。

まあ長時間ハマるゲームでないにしろ、空いた時間に少しやってみっか程度で出来る良ゲーです。
自分はPS3版購入予定なので、もし興味を持たれた方が居れば一緒にプレイしてみましょう。
[PR]
by jyuza-rokusei | 2013-06-20 17:06 | 日記 | Comments(0)

分かるはずだ・・・ガンプラ好きならこの動画を通して出る力が!

最新PV来ました。
カミーユとハマーンのやりとりが聞けますw
[PR]
by jyuza-rokusei | 2013-06-06 08:09 | 日記 | Comments(2)
自分はFPSのゲームも良くやる(下手くそですが)が、
その理由のひとつはやっぱり銃という存在に憧れるからなんですよね。

銃は確かに兵器だし人殺しの道具ではありますが、人類の歴史を語るのに外せないものであり
そういった歴史を創り、守ってきた物の象徴という側面もあります。

ただし、「ゲームの中」では単純に格好の良い、とても優れた憧れの武器です。
様々なデザインがあり、機能も多種多様。
自分はHALOシリーズの次に好きなFPSのゲームでコールオブデューティというのがあります。
こちらもFPSゲーの中では老舗の作品なので知らない人は少ないでしょう。

CODの良いところは様々な実在の銃が出てくるところです。
アメリカ軍、ロシア軍の銃が多めで、いろいろなオプションパーツなども付いていて
銃に関してはやたら制作側のこだわりが見られる。
ロケットやヘリミサイル、タレット(自動小銃)などの戦略兵器もロマンですが、
歩兵として、スナイパーとして戦線に立つとき、相棒とも言える存在が銃です。

自分が特に好きな銃は、AK47(旧ソビエト、ロシア製の銃)です。
カラシニコフと呼ばれるアサルトライフルのひとつなんですが、
アメリカ生まれのアサルトライフルよりスマートかつ大胆な造りが特徴で、
質素なんだけど味があるといった感じの銃です。

M4なんかは結構バレルまわりがツルツルしてたり、人間工学に基づいて
設計されていて、取り扱い易さを重視したスマートでシンプルなデザインです。(個人の感想)
AKは量産型のような無骨なデザインが逆に武器としての魅力を引き立たせます。
自分はどちらの銃も格好良いと思いますが、特に好きな銃といえばやはりAKですね。


ここからは思い出話になるのですが、
ミリタリーが好きな方はエアーガン等に手を出したこともあるでしょう。
かくいう自分も過去に何度か東京マ○イ様にはお世話になった身でして、
久しぶりに調べてみたらびっくりするくらいのラインナップ+性能向上していて
夢中で調べてしまいました。

サバイバルゲーム(エアーガンを使ったスポーツ)をやる方は電動ガンを購入されると思いますが、
電動ガンにも発射速度や飛距離にこだわったプロ仕様のがあったり、
取り回しやすさを重視した軽量化モデルがあったり見てるだけでも面白いですね。
自分はサバゲーは流石に参加しようと思いませんが、
そういったモデルのエアガンは実銃サイズで再現もリアルなので観賞用としても優秀です。

アサルトライフル型のエアーガンは実際でもそうであるとおり、歩兵における万能の銃です。
発射速度は高いほうがいいし、自動でバースト射撃をサポートしてくれるので
当然電動の方が楽しいです。

ハンドガンタイプのエアーガンは撃った時の反動が素晴らしくリアルなガスタイプが好きなんですが、
ガスが切れると使えないし、ガスの保管や維持、ゴミなどの問題があるため
観賞用以外ではあまり使えません。

電動以前の旧式=本当に空気しか使わないエアーガンはもうサバゲーでは使われてない
ものだと思いますが、観賞用としては非常に価値があります。
価格がリーズナブルというのもありコレクションもできます。
特にスナイパーライフル(狙撃銃)はボルトアクションのが最高にロマン値高いです。
ゲームではリロードが遅いので使いにくいですが、スコープを装着するとさらにロマン値が上がります。
デザインは猟銃タイプのより軍用の洗練された感じの銃が個人的には好き。
ほかの銃も特殊部隊仕様の銃はどこか洗練されたデザインと機能性が光ります。

というわけで、ロマンを感じたら久しぶりにポチるのも悪くないかなと思う。
[PR]
by jyuza-rokusei | 2013-06-05 16:55 | 日記 | Comments(0)
ガンダムブレイカーマジ楽しみですなぁ。
先週ヘロさんとプラモ狩りに行きましたが、マルチだと敵の数とか強さとか違うので
やりごたえが違います。
あと、人のプラモ見るのが面白いw

とにかく気になるのは、登場するMSの種類なんですが、
ガンプラオリジナルの機体をどこまで出せるかですね。
いわゆるMSVやメカニックデザイナーオリジナルのガンプラシリーズなどです。

ガンプラ弄ってた人ならたいていわかるとお思いますが、アニメには登場してない
MSの中には非常に個性的な機体や格好良い機体があります。
ガンプラの良いところはそれで、パイロットオリジナル機体、設定上だけ存在する改造機体、
特殊武装機体など、ガンダムの世界をより深く楽しめるところがあります。

ガンダムブレイカーでもそういうところを再現してくれると良いのですが。
最近ガンダムユニコーンでMSVのモビルスーツが映像化されたのは良いきっかけだと思いましたが、
ゲームでもやって欲しいところですね。
アッグシリーズやザク・ドムの発展系、試作機、局地仕様型・・・あの辺は思いっきりカスタマイズ
しがいがあると思いますw
PV映像ではHi-νガンダムが出てたみたいですが、宇宙世紀でもあの時代の連邦MSは
本当にデザインが格好いいです。HGUCでフルアーマ(ヘビーウェポンシステム)とか出てるんだから、
パーツにそういう追加キットみたいなのも出して欲しい。

リアルでは積みプラモ大量発生してますが、ゲームなら一瞬で消化出来るのも良いw
バンナムがどこまでやってくれるか分かりませんが、プラモの販促にもなると思うし是非満足できる
作品を作って欲しい。

ちなみに完全中空の宇宙ステージ出るのかなぁ。
コロニーとかじゃなくて、戦艦が背景に居る無双2タイプのやつ。戦艦もプラモあるんだから
そういうステージ欲しい。
[PR]
by jyuza-rokusei | 2013-05-29 10:25 | 日記 | Comments(3)
一通りプレイしてみたので簡単に解説してみたいと思います。

基本は3Dアクションゲームで、移動と視点移動はどのゲームでも使われているタイプ。
ダメージが表示されるので無双よりもRPG的な側面がある。
ガンダムゲーではお馴染みのブースト移動と緊急回避的な短距離スラスター移動あり。
ジャンプは×ちょい押し、押しっぱなしでブースター上昇。

攻撃は近接攻撃と射撃攻撃の2種類があり、それぞれ弱攻撃と強攻撃があり
距離に応じてい自動で切り替えるか、手動かを選べる。
必殺技は使用中無敵あり。無双みたいに囲まれた時の脱出に使える。
OSのレベルが上がると使える技が増える。
必殺技は3つまで登録できるが、対応した武装を装備してないと使用できない。回復技もあり。
ロックオンがちとやりにくいが、製品版で改善予定(公式を参照)

レベルはOSと自分自身のレベルにわけられていて、
OSはMSの性能に直接影響、自己レベル(ビルダーレベル)は高いほど強力なパーツが
出来やすくなる。

パーツに関しては「ランナー」(要はプラモの「枠」が付いてる状態)をフィールドで手に入れたら、
まず組み上げ(プラモなので)ないと使えない。組み上げは選択するだけで勝手にできる。
その工程でパーツの性能がランダムで決まる。
より良い性能のパーツはドロップした「ランナー」のレアリティ+自己レベルが高いほど
できやすい。

基本頭+体+腕+脚+バックパックの組み合わせ。
子供の頃魔改造したガンプラのごとく何でもできる。ただし組み合わせ次第では
見た目も性能もひどいことに。

武装は近接武器と射撃武器を装備する。それぞれサーベルやアクス、ライフルやマシンガンなど
カテゴリーが分けられている。
パーツによって得意な武器カテゴリがある。例えばガンダムタイプならビームライフル、ザクタイプならマシンガンなど。

さらにサブウェポンも装備可能。
サブはパーツに付属しているタイプに限る。例えばバックパックがRX78ガンダムならビームサーベル一基。ヘビーアームズなら肩&胸ミサイルなど。回復アイテムもここでセットする。

着色は自由。パーツも細かく色を塗り分けることができる。
また、デカール・墨入れ・ブラシ塗装・ツヤ消し・ツヤあり・汚れ表現など実際に
ガンプラを仕上げるときに行う工程が可能。

ミッションはそれぞれ難易度がある。マップと敵の種類は固定?難しいミッションほど
レアなランナーが手に入る。
シングルプレイでは敵の強さが抑えられている+NPC同伴可能(製品版)
マルチでは敵の数や強さが変化。
死んだ時のペナルティはリザルトで得られるアイテムの減少。マルチでは味方を助けられる。
ただしミッションに失敗してもアイテムは貰えるので、何度でも挑戦すればパーツは増える。
マルチのほうがレアランナーが出やすいというお得仕様もある。

このゲームの戦闘で面白いのは、戦ってる最中にパーツがもげる(プラモなので)ところ。
敵のパーツを外してしまえば、移動や視界を奪える。まあ実際のMSでもニュータイプじゃない限りメインカメラがやられたら見えません。
こちらがやられてしまったら、すぐに拾いに行くかマグネットで引き寄せることで復活可能。
攻撃によって相手のパーツを壊しやすいものがある?



で、プレイの感想ですが
このゲーム今までやってきたガンダムゲーの中で一番面白いです。特にガンプラを扱う仕様が
ガンプラ好きとしてはたまらん。
逆にキャラゲーとしての側面は全くないです、(製品版ではどうか知らない)が
ガンプラだからこそできるガンダムゲーの面白さがあります。
歴戦のMSを作るもよし、自分だけの魔改造MSを作るもよし。
欲を言えばフレームの部分やOSの入れ替え、コックピットの改造とかもやりたいですが・・・
ちなみにグレード(HG・MG・PG)の判定も存在します。製品版ではPGも組めるそうなんで
楽しみです。(体験版ではボスで出てきます)
種類は多分実際にあるガンプラ全部とは行かなくても、ほぼ出てくるんじゃないかな?
ただし例のごとく有料DLCはあると思いますがw

というわけで、かなりオススメのゲームです。
ガンダム好きの中でも、プラモやMSそのものに魅力を感じてる人なら間違いなくハマります。
従来のガンダムゲーに飽きたという方も是非。

ちなみに体験版からの引継ぎは集めたパーツの最高性能のものをランナーとして引き継ぐ
そうです。体験版での最強のMSはフリーダムガンダムで、パーツもそれなりのもの。
マルチで製品版までに集めるというのもいいかもしれない。
ダブったパーツは引き継がれない模様。まあダブりパーツは基本必要ないんですが。
[PR]
by jyuza-rokusei | 2013-05-20 09:29 | 日記 | Comments(4)
ガンダムブレイカーというゲームはご存知でしょうか?
公式サイトhttp://gb.ggame.jp/

見てくれはよくあるガンダムゲーという印象ですが、
ゲーム内に登場するのは「ガンプラ」。
つまり自分で作ったガンプラを操作して敵からパーツを集め、強化する旨のハクスラ系のゲームです。
プ○モ狂四郎とは関係ないですが、まあだいたいそんな感じw

無双シリーズはオンラインの作りの甘さがオワコンでしたが、
こちらはちゃんと協力プレイを前提に作られているので、その点は大丈夫かと。

自分は体験版からプレイしてます。
ガンダム・ガンプラ好きは要チェック。
[PR]
by jyuza-rokusei | 2013-05-19 17:56 | 日記 | Comments(0)